小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

各種研究会

  • HOME > 
  • 各種研究会 > 
  • 地方サークル
地方サークル

第9回 関西サークルin高槻-報告-

関西

今回の参加者は6名。加藤郁夫氏の発表から始まりました。教材は、「ゆうすげ村の小さな旅館」(東京書籍小学3年)です。
 本文の分析の前に、加藤氏がされたことは何だったか? 参加者全員で「ゆうすげ」の花を確認したのです。そんな営みがとても面白い。楽しい。アクティブ・ラーニングの原典? のようにも感じました。

 続いては、立命館小学校の永橋氏による持ち込み教材「時計の時間と心の時間」(光村・六年)の教材研究です。構造よみをしました。問題提示は一段落なのか二段落なのかを、全文を踏まえた上で議論しました。新教材を読み込むのは、いつもながらとても楽しく、知的な興奮を覚えます。

 最後は、高槻中の竹田氏による、「オオカミを見る目」の発表です。第3回の例会でも扱ったのですが、今回は、目先を変えて、この教材で、どんな言語活動が可能か? について話し合いました。アクティブ・ラーニングについて、活発な意見交換ができました。


次回例会は、6月27日(土)を予定しています。

HPで案内をUPします。

◆今年の夏の大会は、関西! 京都で開催します! どうぞ、みなさん、一度関西サークルにお越し下さい!  そして、夏の大会も、是非、ご予定下さい!◆

第9回 関西サークルin高槻-報告-

今回の参加者は6名。加藤郁夫氏の発表から始まりました。教材は、「ゆうすげ村の小さな旅館」(東京書籍小学3年)です。
 本文の分析の前に、加藤氏がされたことは何だったか? 参加者全員で「ゆうすげ」の花を確認したのです。そんな営みがとても面白い。楽しい。アクティブ・ラーニングの原典? のようにも感じました。

 続いては、立命館小学校の永橋氏による持ち込み教材「時計の時間と心の時間」(光村・六年)の教材研究です。構造よみをしました。問題提示は一段落なのか二段落なのかを、全文を踏まえた上で議論

>>こちら