小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

各種研究会

  • HOME > 
  • 各種研究会 > 
  • 冬の研究会
冬の研究会

第30回冬の研究会 のご案内(第1次)

テーマ 「言語活動」「アクティブ・ラーニング」を生かした国語の授業のつくり方
     ―「学び合い」を重視した「『鳥獣戯画』を読む」「ごんぎつね」「走れメロス」の最新授業提案

1 日時 2015年 12月26日(土)・27日(日)

2 会場 名古屋

3 内容(予定)
(1)研究1「学び合い」を生かした説明的文章の「言語活動」「アクティブ・ラーニング」の授業
―「『鳥獣戯画』を読む」(高畑勲)で解明する
                                 
(2)研究2 「学び合い」を生かした物語・小説の「言語活動」「アクティブ・ラーニング」    の授業
       ―「ごんぎつね」(新美南吉)「走れメロス」(太宰治)で解明する
                                 
(3)講演と討論的対談                     
講演 私たちは「言語活動」「アクティブ・ラーニング」をどう生かし、確かな国語力をつけていったらいいのか
―「学び合い」「学習集団」を生かして国語の授業を活性化する
                     ・講師 阿部 昇(読み研代表・秋田大学)
                     ・討論的対談 阿部 昇⇔加藤郁夫(読み研事務局長)

4 参加費   5000円(学生2000円)(当日参加は500円増)

第30回冬の研究会 のご案内(第1次)

テーマ 「言語活動」「アクティブ・ラーニング」を生かした国語の授業のつくり方
     ―「学び合い」を重視した「『鳥獣戯画』を読む」「ごんぎつね」「走れメロス」の最新授業提案

1 日時 2015年 12月26日(土)・27日(日)

2 会場 名古屋

3 内容(予定)
(1)研究1「学び合い」を生かした説明的文章の「言語活動」「アクティブ・ラーニング」の授業

>>こちら