小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

各種研究会

  • HOME > 
  • 各種研究会 > 
  • 冬の研究会
冬の研究会

「読み」の授業研究会・第31回冬の研究会 (第二次案内)

昨年の冬の会より

テーマ・アクティブ・ラーニングを生かして豊かな「読み」の授業を創り出す
   ―子どもたち一人ひとりが楽しく学べる対話的な国語の授業

1 日時 2016年 12月23日(金)〜24日(土)

2 会場 京都・立命館大学朱雀キャンパス(JR/地下鉄二条駅近く)
     〒604-8520 京都市中京区西ノ京朱雀町1  *下の地図を参照下さい

3 内容
(1)研究1 アクティブ・ラーニングを生かした説明文・論説文の授業
    ―「幻の魚は生きていた」(中坊徹次)【光村図書・中学1年】を題材として                  担当 福岡八女サークル

(2)研究2 アクティブ・ラーニングを生かした物語・小説の授業
    ―「注文の多い料理店」(宮沢賢治)【東京書籍・小学5年】を題材として
       担当 神奈川サークル・千葉サークル

(3)講演と討論的対談 アクティブ・ラーニングを生かして豊かな国語力を育てる
        ―「探究型」「学習集団」を生かし国語の授業を活性化する
              ・講師 阿部 昇(読み研代表・秋田大学)
              ・討論的対談 阿部 昇⇔加藤郁夫(読み研事務局長)

(4)入門講座 物語・小説の「読み」の授業・入門―確かな国語力を育てるために
         ―「モチモチの木」を題材として
             ・講師 加藤郁夫
             
4 参加費   5000円 / 学生2000円 (当日参加は500円増)

5 日 程   
《12月23日(金)》
10:00〜受付
 10:30〜12:00 入門講座 物語・小説の「読み」の授業・入門
 13:00〜13:10 開会あいさつ
 13:15〜16:15 研究1 アクティブ・ラーニングを生かした説明文・論説文の授業提案と検討
 16:30〜18:00 講演と討論的対談 アクティブ・ラーニングを生かして豊かな国語力を育てる
《12月24日(土)》
 9:00〜12:00 研究2 アクティブ・ラーニングを生かした物語・小説の授業提案と検討
 12:00〜12:15 研究のまとめ

6 申し込み案内
  ※ 下記の口座に参加費を振り込んでください。
   郵便番号・住所・氏名・所属(職場など)を明記してください。
   受付後「参加受付証」をお送りします。
  ※ 郵便振替 
    口座番号:00950-9-24065  加入者名 読み研

7 宿泊について
  宿泊の斡旋は行いません。宿泊される方は、早めに確保されることをおすすめします。


「読み」の授業研究会・第31回冬の研究会 (第二次案内)

テーマ・アクティブ・ラーニングを生かして豊かな「読み」の授業を創り出す
   ―子どもたち一人ひとりが楽しく学べる対話的な国語の授業

1 日時 2016年 12月23日(金)〜24日(土)

2 会場 京都・立命館大学朱雀キャンパス(JR/地下鉄二条駅近く)
     〒604-8520 京都市中京区西ノ京朱雀町1  *下の地図を参照下さい

3 内容
(1)研究1 アクティブ・ラーニングを生かした説明

>>こちら