小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

各種研究会

  • HOME > 
  • 各種研究会 > 
  • 冬の研究会
冬の研究会

2018年 読み研 第33回 冬の研究会の案内

 「読み」の授業研究会・第33回冬の研究会

 国語の授業で「深い学び」を実現するための方策
     
 ―国語科の「深い学び」と「言葉による見方・考え方」の解明
 ―国語科の「深い学び」の鍵となる教材研究の上達法
 ―国語の授業で「深い学び」を実現するための指導のポイント


 2018年12月に行われる「読み研冬の研究会」では、2017・2018年新学習指導要領で示された「主体的・対話的で深い学び」の特に「深い学び」に絞って解明していきます。「言葉による見方・考え方」についても解き明かします。国語の授業で「言葉による見方・考え方」をフルに生かしながら「深い学び」を実現するにはどうすればよいかが見えてくるはずです。2018年「読み研夏の大会」の成果をさらに大きく発展させます。
 
 研究1では論説文の授業で「言葉による見方・考え方」を生かしながら、どう「深い学び」を実現するかを解明します。研究2では小学校の物語の授業を系統的に位置づけつつ、「言葉による見方・考え方」を生かして、どう「深い学び」を実現するかを解明します。

1 日時 2018年12月22日(土)10:30〜23日(日)12:15

2 会場 成蹊大学(東京都・吉祥寺)
  【JR・京王井の頭線「吉祥寺駅」北口バス5分】

3 参加費  5000円(学生2000円)(当日参加は500円増)

4  内容

(1)研究1
説明文・論説文の授業で「深い学び」を実現する
 ―教材「作られた『物語』を超えて」(山極寿一)(中3)を使って「深い学び」を解明する
                       〈提案:福岡県・八女サークル〉
(2)研究2
物語・小説の授業で「深い学び」を実現する
 ―教材「おおきなかぶ」「モチモチの木」「大造じいさんとガン」「海の命」他を使って小学校の系統的指導による「深い学び」を解明する 〈提案:関西サークル〉

(3)講演と対談
国語の授業で「深い学び」を実現するための5つの方略
  ―「言葉による見方・考え方」を解き明かしながら「深い学び」を生み出す
                 〈講師 阿部 昇(読み研代表・秋田大学)〉 
       〈討論的対談 阿部 昇⇔高橋喜代治(読み研事務局長・立教大学)〉

5 参加費   5000円(学生2000円)(当日参加は500円増)

6 日 程
   
《12月22日(土)》
 10:00〜 受付
 10:30〜10:35 開会あいさつ:今回の研究会の指針
 10:35〜12:05 特別入門講座 「深い学び」を実現する説明文・論説文の授業づくり
   ―「こまを楽しむ」(安藤正樹)他を使って〈 担当:高橋喜代治 〉
 13:00〜16:00 研究1 説明文・論説文の授業で「深い学び」を実現する
 16:15〜18:00 講演と討論的対談
              国語の授業で「深い学び」を実現するための5つの方略

《12月23日(日)》
  9:00〜12:00 研究2 物語・小説の授業で「深い学び」を実現する
 12:00〜12:15 研究のまとめ

6 参加申し込み

①「こくちーず」のWebサイトから参加申込み手続きを行って下さい。>> こちら までアクセス!

 ※このページ最後のQRコードをスマホのカメラで読み込むと申込みページを表示できます。

②手続き完了後、自動返信メールが届き「仮申込み」となります。メール記載のゆうちょ銀行(郵便局)の口座に参加費を振り込んで下さい。

③ 入金後、「参加証」メールが届きます。メールを印刷した用紙もしくはスマホ画面等を当日の受付時にご提示下さい。

④ 大会当日は申し込みができませんので、受付にて現金でお支払い下さい(500円プラスです)。

⑤【大会に関する問合せ】鈴野高志(茗溪学園中高)suzuno@meikei.ac.jp ℡029-851-6611(学校)

2018年 読み研 第33回 冬の研究会の案内

 「読み」の授業研究会・第33回冬の研究会

 国語の授業で「深い学び」を実現するための方策
     
 ―国語科の「深い学び」と「言葉による見方・考え方」の解明
 ―国語科の「深い学び」の鍵となる教材研究の上達法
 ―国語の授業で「深い学び」を実現するための指導のポイント


 2018年12月に行われる「読み研冬の研究会」では、2017・2018年新学習指導要領で示された「主体的・対話的で深い学

>>こちら