小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

研究・実践

  • HOME > 
  • 研究・実践 > 
  • 運営委員の実践
運営委員の実践

解説(怪説!?)小倉百人一首

鈴野 高志

 勤務している私立中学校1・2年生の冬休みの宿題は、毎年恒例で「小倉百人一首を覚える」です。1年生で初めの10首、2年生でさらにプラス20首(合計30首)を覚えることになっています。
 国語便覧や市販の解説書を用いて覚えてもよいのですが、できるだけ百人一首を身近に感じてもらうために、オリジナルのプリントを配布しています。
 とは言え、もう20年以上も前に作ったものなので、一部話題が古すぎたり、地元の生徒しかわからないような話題が入っていたりします。また、いまだに31首め以降の解説を作っていません。
 ……というわけで、お使いの場合はどうぞご自由にアレンジ、加筆してかまいません。おもしろい解説(怪説!?)を加えられた方は、ぜひ教えていただけると幸いです。

ダウンロード 解説(怪説)百人一首1〜30.pdf ( 387 KB )

解説(怪説!?)小倉百人一首

 勤務している私立中学校1・2年生の冬休みの宿題は、毎年恒例で「小倉百人一首を覚える」です。1年生で初めの10首、2年生でさらにプラス20首(合計30首)を覚えることになっています。
 国語便覧や市販の解説書を用いて覚えてもよいのですが、できるだけ百人一首を身近に感じてもらうために、オリジナルのプリントを配布しています。
 とは言え、もう20年以上も前に作ったものなので、一部話題が古すぎたり、地元の生徒しかわからないような話題が入っていたりします。また、いまだに31首め以降の解説を作っていません。

>>こちら