小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

研究・実践

  • HOME > 
  • 研究・実践 > 
  • 運営委員の実践
運営委員の実践

「教育科学国語教育」5月号の紹介

加藤 辰雄

雑誌『国語教育』2019年5月号(明治図書)に「苦手でもうまく書ける板書のルール8」のテーマで執筆しました。
 
 板書には3つの特長があります。
①子どもたちの学習活動を刺激する。
②学習内容をわかりやすくし、学習過程の効率をよくする。
③学習効果を高める。
 これらの特長をつかみ、うまく板書しながら授業展開すると、子どもたちは豊かに学ぶことができます。そこで、授業の基本となる次の8つのルールを紹介しました。

(1)縦書きを基本にする
(2)板書の文字の大きさに気を配る
(3)「日付」「教材名」「めあて」「まとめ」を書く
(4)板書を一枚におさめる
(5)授業の流れを止めない速さで板書する
(6)短冊が多い板書にしない
(7)子どもの考えの板書方法を工夫する
(8)板書のタイミングを考える
 
 機会があれば手に取ってお読みください。               

「教育科学国語教育」5月号の紹介

雑誌『国語教育』2019年5月号(明治図書)に「苦手でもうまく書ける板書のルール8」のテーマで執筆しました。
 
 板書には3つの特長があります。
①子どもたちの学習活動を刺激する。
②学習内容をわかりやすくし、学習過程の効率をよくする。
③学習効果を高める。
 これらの特長をつかみ、うまく板書しながら授業展開すると、子どもたちは豊かに学ぶことができます。そこで、授業の基本となる次の8つのルールを紹介しました。

(1)縦

>>こちら