小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

研究・実践

  • HOME > 
  • 研究・実践 > 
  • 運営委員の実践
運営委員の実践

【国語授業実践講座 Q&A】「読み研(方式)って、成績の良い児童(生徒)の学校だからできるんでしょう?」

熊添

「読み研(方式)って、成績の良い児童(生徒)の学校だからできるんでしょう?」

 読み研では、全ての子どもが授業に参加できることをめざした学習法を追求しています。決して優秀な児童(生徒)だけを対象にした学習法ではありません。私自身公立の中学校に長年勤め、読み研に学びながら実践を続けていますが、いわゆる「学力が低い」「落ち着きがない」「目立たない」子どもたちが、グループの話し合いを通して自分の気づきを発言したり、グループの代表として全体の中で発言したりする姿を何度も見てきました。

 授業でどんな学習課題を提示するかはとても重要です。深い教材研究に裏打ちされた学習課題が必要です。私自身がまず教材と深く向き合い、子どもたちが出すであろう様々な意見を予測し、どう絡ませ、どう収斂するかを考える。そうやって臨んだ授業であれば、全ての子どもたちを参加させ、「学ぶ楽しさ」を共有できる授業ができると考えます。

【国語授業実践講座 Q&A】「読み研(方式)って、成績の良い児童(生徒)の学校だからできるんでしょう?」

「読み研(方式)って、成績の良い児童(生徒)の学校だからできるんでしょう?」

 読み研では、全ての子どもが授業に参加できることをめざした学習法を追求しています。決して優秀な児童(生徒)だけを対象にした学習法ではありません。私自身公立の中学校に長年勤め、読み研に学びながら実践を続けていますが、いわゆる「学力が低い」「落ち着きがない」「目立たない」子どもたちが、グループの話し合いを通して自分の気づきを発言したり、グループの代表として全体の中で発言したりする姿を何度も見てきました。

>>こちら