小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

出版・通信

  • HOME > 
  • 出版・通信 > 
  • 国語授業の改革
国語授業の改革

国語授業の改革 14号

「国語授業の改革14号」を期間限定の特別価格で!

 定価2,300円(税別)を、今だけの特別価格、送料ともで2000円でお届けします。

*申込方法*
購入希望の方は「お問い合わせ」メールでお申し込み下さい(郵便番号・住所・氏名・電話番号・勤務校を明記のこと)。





はじめに(阿部 昇)                  

Ⅰ 授業で子どもに必ず身につけさせたい「国語の力」の解明
     ―よくわかり、楽しく、確かな力がつく国語の授業

〈問題提起〉
 1 いまこそ授業で身につける「国語の力」の再構築が求められている
     ――権利保障としての国語の授業の創造              阿部  昇  

〈物語・小説の教科内容の再構築〉
 2 物語・小説の構成・構造についての「国語の力」を解明する
    ―「形」(菊池寛)を使って                     町田 雅弘  

 3 物語・小説の形象・表現の技法についての「国語の力」を解明する
    ―「ごんぎつね」(新美南吉)「川とノリオ」(いぬいとみこ)などを使って   柳田 良雄  

 4 物語・小説の吟味・評価についての「国語の力」を解明する
    ―「ごんぎつね」(新美南吉)「アイスプラネット」(椎名誠)を使って  熊添由紀子 

〈説明的文章の教科内容の再構築〉
 5 説明的文章の構成・構造についての「国語の力」を解明する 
    ―「じどう車くらべ」/「すがたをかえる大豆」(国分牧衛)を使って    臺野 芳孝  

 6 説明的文章の論理・思考の方法についての「国語の力」を解明する
    ―「天気を予想する」(武田康男)を使って               永橋 和行  

 7 説明的文章の吟味・評価についての「国語の力」を解明する
    ―「シカの『落穂拾い』」(辻大和)を使って              高橋喜代治  

〈古典と新聞・メディアの教科内容の再構築〉
 8 古典・伝統的言語文化についての「国語の力」を解明する
    ―『おくのほそ道』「旅立ち」「平泉」(松尾芭蕉)を使って       湯原 定男 

 9 新聞・メディアについての「国語の力」を解明する
    ―社会面の記事と投書記事を使った小論文(意見文)の作成        鈴野 高志  


Ⅱ 国語科教育・最新の論争点の徹底検討
〈「単元を貫く言語活動」をどう考えるか〉
 1 その1 「単元を貫く言語活動」では、言語の力は育たない!       加藤 郁夫  
 2 その2 「単元を貫く言語活動」は「活動主義」を導き出す可能性をもつ  阿部  昇  
 3 その3 思考力・判断力・表現力の育成を目指した言語活動を
        ――「考える」という思考活動をとおして            白石 範孝  
〈「学びの共同体」をどう考えるか〉
 4 その1 学習集団の原点から考える                   折出 健二  
 5 その2 当事者という視点から「学びの共同体」を問う          久田 敏彦 
 6 その3 教科内容・教育方法からの「学びの共同体」についての批判的検討 阿部  昇 


Ⅲ 「言語活動」を生かした小学校・物語の授業―全授業記録とその分析
           
 1「あめ玉」(新美南吉)の1時間の授業の全授業記録とコメント          熊谷 尚  
 2 授業へのコメント その1――文脈にそった読みを          豊田 ひさき  
 3 授業へのコメント その2――物語の用語を教えることで子どもに読む力を育てる授業  加藤 辰雄  
 4 授業者自身のコメント                          柳田 良雄  


Ⅳ 提言・国語科の教科内容の再構築と系統性
 1 国語科の「教科内容」は教材内容との一体性を前提に考えられていくべきである   大内 善一  
 2 音読・朗読・群読という言語能力の充実
    ――理解と表現、音声と文字、収束的思考と拡散的思考を結ぶ言語活動の充実  高橋 俊三  
 3 国語科の教科内容の再検討と今日的課題         吉田 裕久  
 4 国語の教科内容と教授の系統化を考えるために
    ――国語科の性格を意識して必要な教科内容を                木内  剛  
 5 「計画としてのカリキュラム」と「学びの履歴としてのカリキュラム」の両面から追究を  鶴田 清司            

Ⅴ 国語科の教科内容・指導事項を考えるための読書案内――私が薦めるこの一冊

 1 『国語授業における「対話」学習の開発』(花田修一編著)     田近 洵一  
 2 『「語り論」がひらく文学の授業』(中村龍一著)         足立 悦男  
 3 『「他者」を発見する国語の授業』(高木まさき著)        三浦登志一  
 4 『人を育てることばの力─国語科総合単元学習』(遠藤瑛子著)   藤原  顕  
 5 『国際バカロレア 世界トップ教育への切符』(田口雅子著)    岩崎 成寿  


Ⅵ 連載・教材研究のポイント[第1回]
   「大造じいさんとガン」の教材研究――ここがポイント       加藤 郁夫  

国語授業の改革 14号

「国語授業の改革14号」を期間限定の特別価格で!

 定価2,300円(税別)を、今だけの特別価格、送料ともで2000円でお届けします。

*申込方法*
購入希望の方は「お問い合わせ」メールでお申し込み下さい(郵便番号・住所・氏名・電話番号・勤務校を明記のこと)。





はじめに(阿部 昇)                  

Ⅰ 授業で子どもに

>>こちら