小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

出版・通信

  • HOME > 
  • 出版・通信 > 
  • 国語授業の改革
国語授業の改革

国語授業の改革 15号

「国語授業の改革] 15号の書評が「教育新聞」2015年10月5日号に載りました。(ダウンロードできます)

 「言語活動」に焦点をあて、学び合い・学習集団・アクティブ・ラーニングについて実践・研究したものです。ぜひ、お読み下さい。

 ★定価2,484円(税込)を、2200円(送料込み)でお届けします。

★また、第29回夏の大会資料集とセットで3000円(送料込み)でお届けします

*申込方法*

購入希望の方は「お問い合わせ」メールでお申し込み下さい。郵便番号・住所・氏名・電話番号・勤務校を明記の上、改革15号のみか、改革15号と資料集のセットかをお書き下さい。


「国語授業の改革 15号」目次

はじめに(阿部 昇)
Ⅰ「言語活動」を生かして豊かな国語力をつける
―学び合い、学習集団、アクティブ・ラーニングとしての言語活動
〈問題提起〉
1 「言語活動」そして「アクティブ・ラーニング」をどうとらえたらいいのか
――身につける国語の力と「言語活動」「アクティブ・ラーニング」―「学習集団」「探究型」
阿部  昇  

〈「言語活動」を生かしたあたらしい物語・小説の授業〉
2 「言語活動」を生かして物語・小説の「構成」と「クライマックス」を読む力をつける
――教材「ごんぎつね」(小4)と「あめ玉」(小5)を使って         
加藤 辰雄 
3 「言語活動」を生かして物語・小説の「反復」・「比喩」などの技法を読む力をつける
――教材「モチモチの木」(小3)を使って                
臺野 芳孝  

4 「言語活動」を生かして物語・小説を「吟味」し「評価」する力をつける
――教材「カレーライス」(小6)と「走れメロス」(中2)を使って    
高橋喜代治 

〈「言語活動」を生かしたあたらしい説明的文章の授業〉
5 「言語活動」を生かして説明的文章の「はじめ・なか・おわり」を読む力をつける
――教材「時計の時間と心の時間」(小6)を使って             
永橋 和行  

6 「言語活動」を生かして説明的文章の「論理」「要約」の力をつける 
――教材「アップとルーズで伝える」(小4)を使って  
建石 哲男  

7 「言語活動」を生かして説明的文章を「吟味」し「批判」する力をつける
――教材「すがたをかえる大豆」(小3)を使って             
鈴野 高志  

〈「言語活動」を生かしたあたらしい古典の授業〉
8 「言語活動」を生かして小学校の古典で言語力をつける
――教材『徒然草』第五十二段「仁和寺にある法師」を使って         
熊谷  尚  

9 「言語活動」を生かして中学校の古典で言語力をつける
――教材「平家物語」冒頭と「扇の的」を使って               
加藤 郁夫  

Ⅱ 国語の「グループ学習」指導のコツ――豊かな「言語活動」のために
1 はじめて国語の授業で「グループ学習」をとり入れる時のコツ
熊添由紀子 

2 「グループ学習」では何を話し合わせたらいいか――課題設定のコツ        
庄司 伸子  

3 「グループ学習」での机間指導と切れ味のある助言・援助のコツ        
竹田 博雄  

4 「グループ学習」を成功させるための評価とゆさぶりのコツ           
柳田 良雄  

5 「グループ学習」の司会・学習リーダーへの指導のコツ              
湯原 定男  

6 「グループ学習」で白熱した討論を作り出すコツ              
町田 雅弘  


Ⅲ 「言語活動」を生かした小学校・古典の授業
――大庭珠枝先生による授業の全記録とその徹底分析
1 古典『おくのほそ道』(松尾芭蕉)「立石寺」の1時間の全授業記録とコメント
加藤 郁夫  

2 授業へのコメント その1
――[課題]と[話題の共有化]が「学び合い」のポイント         
青山 由紀  

3 授業へのコメント その2
――深層の読みに迫る古典の授業が今、求められている 
阿部  昇  

4 授業者自身のコメント
大庭 珠枝  

Ⅳ 提言・国語科における「言語活動」の意味を問い直す
1 言語活動の質を高める授業づくり                       
豊田ひさき  

2 言語活動の指導は国語科教育の中核 
大槻 和夫  

3 学習における集団的創造と対話                        
折出 健二  

4 「他者を理解」し「自己を発見」する言語活動であるために        
深澤 広明  

5 個人の独自な内的言語活動を観る    
小川 雅子  

6 「言葉を奪われてきた子ども」たちと授業論の課題               
福田 敦志  

Ⅴ 国語科の「言語活動」を考えるための読書案内――私が薦めるこの一冊
『言語活動モデル事例集』(水戸部修治 編著)
吉田 裕久  

『リスク社会の授業づくり』(子安 潤 著)
吉田 成章  

『構想力を育む国語教育』(竜田 徹 著)
鶴田 清司  

『認識力を育てる「書き換え」学習』小学校編、中学校・高校編
(府川源一郎・高木まさき・長編の会 編著)
間瀬 茂夫  

『「書くこと」の言語活動25の方略』
(大熊徹監修、細川太輔・井上陽童・石井健介 代表編者)
成田 雅樹  

『あたらしい国語科指導法 四訂版』(柴田義松・阿部 昇・鶴田清司 編著)
小林 信次  

『本当は国語が苦手な教師のための国語授業のつくり方(小学校編)』(加藤辰雄 著)
平野 博通 

『国語力をつける物語・小説の「読み」の授業―PISA読解力を超えるあたらしい授業の提案』(阿部 昇 著)
庄司 伸子

Ⅵ 連載・教材研究のポイント﹇第二回﹈
「スイミー」(レオ=レオニ)の教材研究――ここがポイント         
阿部 昇  

ダウンロード 改革15号 書評.pdf ( 217 KB )

国語授業の改革 15号

「国語授業の改革] 15号の書評が「教育新聞」2015年10月5日号に載りました。(ダウンロードできます)

 「言語活動」に焦点をあて、学び合い・学習集団・アクティブ・ラーニングについて実践・研究したものです。ぜひ、お読み下さい。

 ★定価2,484円(税込)を、2200円(送料込み)でお届けします。

★また、第29回夏の大会資料集とセットで3000円(送料込み)でお届けします

*申込方法*

>>こちら