小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

出版・通信

  • HOME > 
  • 出版・通信 > 
  • 国語授業の改革
国語授業の改革

国語授業の改革 16号

「アクティブ・ラーニング」を生かしたあたらしい「読み」の授業

 「アクティブ・ラーニング」をキーワードに、あたらしい「読み」の授業について実践・研究したものです。ぜひ、お読み下さい。

★定価2,484円(税込)を、2200円(送料込み)でお届けします。

★また、第30回夏の大会資料集とセットで3300円(送料込み)でお届けします

*申込方法*

購入希望の方は「お問い合わせ」メールでお申し込み下さい。郵便番号・住所・氏名・電話番号・勤務校を明記の上、改革16号のみか、改革16号と資料集のセットかをお書き下さい。



「国語授業の改革」16号の目次は以下の通りです。

はじめに 阿部 昇
Ⅰ 「アクティブ・ラーニング」を生かしたあたらしい「読み」の授業
〈問題提起〉
1 「アクティブ・ラーニング」を展開する際の二つの「弱点」
  ――「アクティブ・ラーニングの優位性」「教科内容の具体」の未解明という課題  阿部  昇
2 アクティブ・ラーニングの光と影   久田 敏彦 

〈「アクティブ・ラーニング」を生かしたあたらしい物語・小説・古典の授業〉
3 「アクティブ・ラーニング」を生かして物語・小説の「全体構造」を読む力をつける 
   ――教材「きつつきの商売」(小3)を使って   永橋 和行

4 「アクティブ・ラーニング」を生かして物語・小説の「形象・表現技法」を読む力をつける―小学校
   ――教材「一つの花」(小4)を使って      鈴野 高志

5 「アクティブ・ラーニング」を生かして文学作品の「形象・表現技法」を読む力をつける―中学校 
   ――教材「字のない葉書」(中2)を使って    竹田 博雄

6 「アクティブ・ラーニング」を生かして物語・小説を「吟味・評価」する力をつける  
   ――教材「やまなし」を中心に            加藤 郁夫 
 
7 「アクティブ・ラーニング」を生かして「古典・伝統的な言語文化」を読む力をつける  
   ――教材『徒然草』「高名の木登り」「或人、弓射る事を習ふに」を使って      大庭 珠枝 

〈「アクティブ・ラーニング」を生かしたあたらしい説明的文章の授業〉
8 「アクティブ・ラーニング」を生かして説明的文章の「全体構成」を読む力をつける  
   ――教材「おにごっこ」(小2)を使って    加藤 辰雄 
9 「アクティブ・ラーニング」を生かして説明的文章の「論理関係」を読む力をつける  
   ――教材「めだか」(小3)を使って  柳田 良雄      
10 「アクティブ・ラーニング」を生かして説明的文章を「吟味・批判」する力をつける  
   ――教材「動物の体と気候」(小5)を使って   熊添 由紀子


Ⅱ 国語の「アクティブ・ラーニング」の指導のコツ――豊かな「探求型」授業のために
1 「アクティブ・ラーニング」の授業をはじめて授業に取り入れる際のポイント  高橋 喜代治 
2 「アクティブ・ラーニング」の授業で切れ味のある「学習課題」を設定するコツ  建石 哲男 
3 「アクティブ・ラーニング」の授業で「学習グループ」をいかしていくコツ  小林 信次 
4 「アクティブ・ラーニング」の授業で「話し合い」を深めていくコツ  町田 雅弘 
5 「アクティブ・ラーニング」で「新しい発見」を導き出す発問・助言のコツ   熊谷 尚 
6 「アクティブ・ラーニング」の授業で確かな「振り返り」を行うコツ  庄司 伸子 


Ⅲ 「アクティブ・ラーニング」を生かした「こまを楽しむ」の授業――永橋和行先生の授業とその徹底分析

1 「こまを楽しむ」(安藤正樹)の一時間の全授業記録  高橋 喜代治・奥富 浩 
2 授業者へのコメント その1 ――外的学習活動より内的な思考活動の重視を  豊田 ひさき 
3 授業者へのコメント その2 臺野 芳孝 
4 授業者自身のコメント  永橋 和行 


Ⅳ  提言:「アクティブ・ラーニング」をどうとらえ、どう生かしたらいいのか
1 アクティブ・ラーニングの成立要件と授業デザイン   藤原 幸男 
2 自分の既有知識・経験から類推するアクティブな学び 鶴田 清司 
3 「アクティブ・ラーニング」につながる国語科の授業開発   町田 守弘 
4 コンピテンシー・ベースという縄をほどく   子安  潤 
5 アクティブ・ラーニングを超える授業づくり――「教科する」授業へ   石井 英真 


Ⅴ 「アクティブ・ラーニング」を考えるための読書案内――私が薦めるこの一冊
『学習原論』(木下竹次著)(世界教育学選書64・中野光編)  田近 洵一 
『国研ライブラリー 資質・能力[理論編]』(国立教育政策研究所編)  折出 健二 
『国際バカロレアとこれからの大学入試改革―知を創造するアクティブ・ラーニング―』(福田誠治著)森岡 修一 
『アクティブ・ラーニングの考え方・進め方』(加藤幸次著)木内  剛 
『思考の技法 直観ポンプと77の思考術』(ダニエル・C・デネット著、阿部文彦・木島泰三訳)大野 栄三 
『活動的で協同的な学びへ「学びの共同体」の実践学びが開く!高校の授業』(佐藤学ほか編著)藤原 顕 

Ⅵ 連載・教材研究のポイント [第三回]
 「白いぼうし」(あまんきみこ)の教材研究――ここがポイント   熊谷  尚 

国語授業の改革 16号

 「アクティブ・ラーニング」をキーワードに、あたらしい「読み」の授業について実践・研究したものです。ぜひ、お読み下さい。

★定価2,484円(税込)を、2200円(送料込み)でお届けします。

★また、第30回夏の大会資料集とセットで3300円(送料込み)でお届けします

*申込方法*

購入希望の方は「お問い合わせ」メールでお申し込み下さい。郵便番号・住所・氏名・電話番号・勤務校を明記の上、改革16号のみか、改革

>>こちら