小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

出版・通信

  • HOME > 
  • 出版・通信 > 
  • 国語授業の改革
国語授業の改革

「国語授業の改革」18号

国語の授業で「深い学び」をどう実現していくか

新学習指導要領2018の「主体的・対話的で深い学び」の特に「深い学び」に焦点化して、あたらしい国語の授業の在り方を追究しました。ぜひ、お読み下さい。

★定価2484円(税込)を、2200円(送料込み)でお届けします。

★また、第32回夏の大会資料集とセットで3300円(送料込み)でお届けします

*申込方法*
購入希望の方は以下の「お問い合わせ」メールでお申し込み下さい。郵便番号・住所・氏名・電話番号・勤務校を明記の上、改革18号のみか、改革18号と資料集のセットかをお書き下さい。info2010@yomiken.jp
 
★内容

Ⅰ 国語の授業で「深い学び」をどう実現していくか

〈問題提起〉

1 国語の授業で「深い学び」をどう実現したらいいのか
     ―「言葉による見方・考え方」・教科内容・教材研究の検討を通して考える 阿部 昇

〈物語・小説・古典の授業で「深い学び」を実現するための方法―言葉による見方・考え方を育てる〉

2 物語・小説のクライマックスを読む授業で「深い学び」を実現する
    ―教材「海の命」(小6)を使って  永橋和行

3 物語・小説の伏線と技法を読む授業で「深い学び」を実現する
    ―教材「羅生門」(高1)と「タオル」(重松清)を使って 湯原定男

4 物語・小説の吟味・批評の授業で「深い学び」を実現する
    ―教材「夏の葬列」(中2)を使って 鈴野高志

5 現代に生きる古典の授業で「深い学び」を実現する
    ―教材『平家物語』「祇園精舎」と「木曽の最期」を使って 加藤郁夫

〈説明文・論説文の授業で「深い学び」を実現するための方法―言葉による見方・考え方を育てる〉

6 説明文・論説文の典型構成を読む授業で「深い学び」を実現する
    ―教材「科学はあなたの中にある」中2)を使って 中沢照夫・武田正道

7 説明文・論説文のロジック(論理)を読む授業で「深い学び」を実現する
    ―教材「生き物はつながりの中に」(小6)を使って 岸あゆり

8 説明文・論説文の吟味・批判の授業で「深い学び」を実現する
    ―教材「想像力のスイッチを入れよう」小5)を使って 渡邊絵里・熊添由紀子


Ⅱ 「深い学び」「言葉による見方・考え方」を実現するための教材研究の方法とスキル

1 物語・小説の「作品構造」の教材研究をきわめるための方法とスキル 大庭珠枝
                                      
2 物語・小説の「伏線と技法」の教材研究をきわめるための方法とスキル 熊谷 尚
     
3 物語・小説の「吟味と批評」の教材研究をきわめるための方法とスキル 竹田博雄

4 説明文・論説文の「文章構成」の教材研究をきわめるための方法とスキル 加藤辰雄

5 説明文・論説文の「論理と要約」の教材研究をきわめるための方法とスキル 柳田良雄

6 説明文・論説文の「吟味と批判」の教材研究をきわめるための方法とスキル 高橋喜代治


Ⅲ 俳句「さみだれや大河を前に家二軒」(蕪村)で「深い学び」を実現した授業
                  ―熊谷 尚先生の授業の記録と授業案
1「さみだれや大河を前に家二軒」(蕪村)の1時間の全授業記録 大庭珠枝

2「さみだれや大河を前に家二軒」の教材研究と単元計画・本時案 熊谷 尚

3 授業へのコメント:「言葉による見方・考え方」を駆使して「深い学び」を実現した古典の授業 阿部 昇


Ⅳ 新学習指導要領の「深い学び」と「言葉による見方・考え方」について考える―現場への提言

1 最適な言語活動の導入による「深い学び」 吉田裕久

2 国語の探究型授業とは何か ―新しい授業論・国語教育の焦点課題 阿部好策

3 高次能力を育てる学習課題と評価方法の工夫 間瀬茂夫

4 「深い学び」をどうとらえるか―教科の本質を追求する授業のあり方 石井英真

5 「言葉による見方・考え方」と認知能力―対象の捉え方は言葉にどのように反映されているのか 森 篤嗣


Ⅴ 新学習指導要領「深い学び」「見方・考え方」を読み解くための6冊

1 『国破れてマッカーサー』(西鋭夫) 望月善次

2 『教室で教えるということ』(岩垣・子安・久田) 吉田成章

3 『新学習指導要領を主体的につかむ』(梅原敏夫) 小林信次

4 『教科の本質から迫るコンピテンシー・ベイスの授業づくり』(奈須・江間他) 高橋喜代治

5 『TOK(知の理論)を解説する―教科を超えた知識の探究』(Z会編集部編) 岩崎成寿

6 『アクティブ・ラーニングの実践の手引き』(田中博之) 平野博通


Ⅵ 連載・教材研究のポイント

1 「お手紙」(A・ローベル)の教材研究―ここがポイント 臺野芳孝

2 「字のない葉書」(向田邦子)の教材研究―ここがポイント 阿部 昇

「国語授業の改革」18号

新学習指導要領2018の「主体的・対話的で深い学び」の特に「深い学び」に焦点化して、あたらしい国語の授業の在り方を追究しました。ぜひ、お読み下さい。

★定価2484円(税込)を、2200円(送料込み)でお届けします。

★また、第32回夏の大会資料集とセットで3300円(送料込み)でお届けします

*申込方法*
購入希望の方は以下の「お問い合わせ」メールでお申し込み下さい。郵便番号・住所・氏名・電話番号・勤務校を明記の上、改革18号

>>こちら