小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

出版・通信

  • HOME > 
  • 出版・通信 > 
  • 研究紀要
研究紀要

「研究紀要」全目次一覧

 発行 科学的「読み」の授業研究会
 頒価 1,000円

※「研究紀要」購入希望の方は「お問い合わせ」宛にメールでお申し込み下さい(郵便番号・住所・氏名・電話番号・勤務校を明記のこと)。送料込み1,000円でお送りいたします。

■■研究紀要14(2012.8)■■

1 学びの指導学 序説 ―国語授業を例に  折出 健二

2 国語科における平和教育―戦争体験継承の問題に則して  竹内 久顕

3 「かげぼうしをふむふみ」考 ―「ごんぎつね」の読みをめぐって  丸山 義昭
           
4 クライマックスを決めれば読むべき箇所が見えてくる ―小説「アイスプラネット」の指導を通して  熊添由紀子
       
5 翻訳を鏡として見えてくる日本語表現  鈴野 高志

6 「要約指導」についての一考察  高橋喜代治

7 『更級日記』冒頭の表現を読む ―古典教育のための一試論3  加藤 郁夫
       

■■研究紀要13(2011.8)■■

1 メロスの妹 ―教材「走れメロス」と〈共依存的〉人間関係―  中村 哲也

2 国語科教育の「内容」を考える  木内  剛

3 戦後国語教育における説明的文章の批判的読解に関する考察―その2  阿部 昇

4 「小見出しつき教材」についての一考察            
   ―説明的文章「月の起源を探る」と「イースター島にはなぜ森がないのか」を例にー  高橋喜代治

5 クリティカル・リ―デイングの試み ―芥川龍之介『魔術』を用いて―  野村 康代
    
6 難教材「ふわふわ」(村上春樹・光村図書 中二)に挑む    
    ―「読み研方式」では「どうにもならない」のかー  五十嵐 淳

7 「語」にこだわって読む古文の読解 ―『徒然草』と『発心集』を例に―  竹田 博雄    

8 『枕草子』「春はあけぼの」を読む ―古典教育のための一試論2  加藤 郁夫
    

■■研究紀要12(2010.8)■■

1 PISA型読解力を育てる〈比べ読み〉の授業──小学校説明文教材の場合──  鶴田清司

2 戦後国語教育における説明的文章の批判的読解に関する考察(その1)  阿部 昇

3 説明的文章の「読みの方法」の系統化 小学校六年間の「学習の系統化」を解明する〜自力で読みの力をつける手立て〜  永橋和行
  
4 学び合いのある授業をつくる──「クジラの飲み水」の構造よみの実践を通して  内藤賢司

5 評論文の「構造よみ」は問題を解くことに活かせるか  竹田博雄

6「ウミガメと少年」(野坂昭如)を読む──戦争を告発する生命・自然・宇宙──  五十嵐 淳

7 三領域と「取り立て」学習が連動した文法教育を  鈴野高志

8「比べて読む」ことの意義と方法の考察──クリティカルなメディア・リテラシー学習のために──  高橋喜代治

9 古典教育のための一試論──『奥の細道(平泉)』を教材として──  加藤郁夫


■■研究紀要11(2009.8)■■

1 明晰な思考とは―加藤周一の西尾実論文批判の思考―  小田迪夫

2 俳句創作指導の意義に関する考察  大内善一

3「這い回る」古典から「読みの授業」としての古典への転回
 ―古典の醍醐味を味わい読む力をつける―  阿部 昇

4 構造よみの役割とクライマックスの指標を再考する  丸山義昭

5「坊ちゃん」導入部の形象よみ  五十嵐淳

6 読み方指導における「線引き」の意味  加藤郁夫

7 小説の吟味よみについての考察―『カレーライス』(重松清)を例に―  竹田博雄

8 大江健三郎『死者の奢り』―教材分析と授業記録―  松井 健

9 国際バカロレア「文学」から学ぶ日本の国語科教育の課題  岩崎成寿

10 メディア・リテラシーの新たな構想―私の指導過程の修正を通して―  高橋喜代治


■■研究紀要X(2008.8)■■

1 教科書の教授学的研究  柴田義松

2 全国学力学習状況調査・秋田県の結果に関する考察―平成十九年度「国語」の結果分析と課題―  阿部 昇

3 これからの古典教育を考える  加藤郁夫

4 比喩を読むスキルの体系化試案  岩崎成寿

5 展開部以降の線引きの理論と導入段階の方法  丸山義昭

6 線引きによる授業のむずかしさとその可能性  佐藤建男

7 村上春樹の教科書作品をどう読むか―小説「バースディ・ガール」の教材分析―  五十嵐 淳

8 志賀直哉「城の崎にて」の構造よみと授業記録  湯原定男

9 メタ認知的読解力を育てる指導―説明的文章を例にー  高橋喜代治

10 国語の教科内容と授業(三)―新学習指導要領(国語科)と全国学力テストの相関関係を検討するー  小林義明

11 ショートショートの魅力を考える―『ウサギとカメ』の面白さを含めてー  喜岡淳治


■■研究紀要IX(2007.8)■■

1 「科学的読み」の源流を探る  豊田ひさき

2 HOWとHWYの問題―中学国語教材池田晶子「言葉の力」をめぐって―  田中 実

3 PISA「読解力」とCOE国語学力調査から導き出される「読むこと」指導の改革課題―2000年・2003年PISA及び2003年お茶の水女子大学COE学力調査の結果分析―  阿部 昇

4 物語・小説の構造よみのための一試論―二つの勢力とクライマックスをめぐって―  加藤郁夫

5 「読み研」方式で読みとく「注文の多い料理店」  五十嵐 淳

6 「ごんぎつね」の授業実践報告―読みのキーワードを取り入れる試み―  松岡俊宏

7 「包括」で考える説明的文章の読み方指導  丸山義昭

8 鈴木孝夫「ものとことば」教材研究―構造よみと吟味よみを中心に  湯原定男

9 学習集団―討論の二重方式―班の学習を問題にせよ―  高橋喜代治

10 国語の教科内容と授業(二)―指導要領改定に先行する全国学力テスト―  小林義明

11 実践報告 詩の授業―中野重治「浪」  麻生 信子


■■研究紀要VIII(2006.8)■■

1 「発達の最近接領域と学習集団の実践」  柴田義松

2 「作品理解を深める音声化行為」  高橋俊三

3 「物語・小説の『構造よみ』における『構成』と『構造』についての批判的検討」  阿部 昇

4 「説明的文章の読み方指導における〈柱〉の概念の検討」  加藤郁夫

5 「説明文では何を読ませるか─『サクラソウとトラマルハナバチ』(鷲谷いづみ)を例に─」  丸山義昭

6 「説明的文章を『豊かに読む』とはどういうことか」  高橋喜代治

7 「PISA調査結果に見る『読解』指導の方向性」   宮城洋之

8「『大造じいさんとがん』の授業─心情よみからどう転換していくのか─」  小林信次

9 共同研究(町田&松戸サークル)「『一つの花』(小4)の全指導案」  橋口みどり

10 国語の教科内容と授業(一)   小林義明


■■研究紀要VII(2005.8)■■

1 「部分形象が全体形象を照射する」  西郷竹彦

2 「PISAと国語の時間数」  高木まさき

3 「『公』と『私』の揺れの間で──『高瀬舟』(森鴎外)導入部の仕掛けを読む──」  加藤郁夫

4 「“境界の物語”として『空中ブランコ乗りのキキ』を読む」  五十嵐 淳

5 「国語の『授業空間』とは何か──中一国語『空中ブランコ乗りのキキ』の授業から──」  小倉泰子

6 「新教材『風切るつばさ』をどう読むか──『無い物ねだりの読み』は成立するか──」  佐藤建男

7 「説明的文章を的確かつ豊かに読むためのセオリーの追究」  丸山義昭

8 「『「である」ことと「する」こと』の教材研究」  岩崎成寿

9 「習熟度別学習の問題点を探る」  高橋喜代治

10「リスニングからプレゼンテーションへ──新教材『セヴァン・スズキのスピーチ』を例に──」  小林義明


■■研究紀要VI(2004.8)■■

1 「詭弁の天才はボクだった!──『オツベルと象』(宮澤賢治)のゆくえ──」  須貝千里

2 「詩の『構造よみ』は『起承転結』だけでよいか──加藤郁夫氏の再反論にこたえる──」  鶴田清司

3 「物語・小説の授業における『「問い」づくり』指導についての考察」  阿部 昇

4 「語りの仕掛けを読む──『なめとこ山の熊』の『私』──」  加藤郁夫

5 「ディベートで読む『こころ』の授業──二値的論題による形象よみは有効か──」  岩崎成寿

6 「『読み』から『話す』への発展──詩『わたしが一番きれいだったとき』を例に──」  小林義明

7 「説明的文章の構造よみをどうおこなうか」  丸山義昭

8 「説明的文章の授業をどうすすめるか──『クジラたちの音の世界』を例に──」  五十嵐 淳

9 「記録文の構造よみの実践的問題──松戸読み研と新潟サークルの提案に関わって──」  長畑龍介

10「批判的吟味で確かな調べ学習を展開する──『動物のくらしと睡眠』(教育出版・中1)を例に──」  高橋喜代治


■■研究紀要V(2003.8)■■

1 「文芸の筋と象徴──魯迅『故郷』における〈月〉と〈壁〉──」  西郷竹彦

2 「振り子のなかの〈文学の原理〉──『文学研究・文学教育』の根拠をどう考えればよいのか──」  田中 実

3 「『おにたのぼうし』(教育出版・小三)の『事件設定』と主題を読む」  佐藤建男

4 「新教材『秘密』の教材研究──プロットを明らかにして読みを深める──」  小林義明

5 「『こころ』全文の構造よみ試案──ストーリーとプロットを識別する読みの指導──」  岩崎成寿

6 「『起承転結』論 ふたたび──鶴田清司氏の反論に答える──」  加藤郁夫

7 「詩の『技法よみ』について──視覚的な技法の検討──」  村上大介

8 「『論理』=『批判』を教える授業実践の試み」  薄井道正

9 「小学校低学年の説明的文章読解指導──『すみれとあり』(教育出版・小二・上)を例に──」  柳田良雄

10「記録文教材をどう読むか──『ツバメがすむ町』(川道美枝子)の読み方指導──」  丸山義昭

11「社会的文脈とクリティカルな読み」  高橋喜代治

12「表現力を高める作文指導について」  臺野芳孝


■■研究紀要IV(2002.8)■■

1 「近・現代小説の教材性崩壊」  渋谷 孝

2 「詩の『構造よみ』とは何か──加藤郁夫氏の批判にこたえる──」  鶴田清司

3 「大西忠治の『主題よみ』(小説・物語)についての批判的検討──『吟味よみ』の指導過程を提案する──」  阿部 昇

4 「『プロット』論──時間と形象に関わって──」  加藤郁夫

5 「小学校中学年の分析と総合のよみ──『わすれられないおくりもの』の教材分析──」  臺野芳孝

6 「低学年での読み研方式の授業 『かさこじぞう』の授業の発問計画」  小林信次

7 「友達が見え、また自分自身が見えてくる授業を 感想─読み手の中に結ばれた作品の像─をお互いが読み合うことから」  小倉泰子

8 「説明文教材の構造よみ・要約よみはどうおこなうか──『花を見つける手がかり』を例に──」  丸山義昭

9 「記録文の構造、要約、要旨よみ──小田氏と阿部氏の主張に関わって──」  長畑龍介

10「説明文・論説文の教授過程──『マスメディアを通した現実世界』を例に──」  五十嵐 淳

11「新教材『ホタルの水辺』の教材研究──要約よみ・吟味よみを中心にして──」  日浦成夫

12「メディア・リテラシー教育の方向性」  高橋喜代治

13「読みから書きへの発展」  小林義明


■■研究紀要III(2001.8)■■

1 「『論理』とは何か」  宇佐美 寛

2 『実践としての理論的な『読み』」  小森陽一

3 「プロットの転化としてクライマックスを捉え直す──大西忠治・前沢泰ストーリー・プロット論争を切り口に──」  阿部 昇

4 「『起承転結』論──『構造』と『構成』をめぐって──」  加藤郁夫

5 「『一つの花』構造分析をめぐって──『文芸論』『教科研』『読み研』の類似点・相違点──」  町田雅弘

6 「『包括』で解く 説明的文章・構造よみの諸問題──新潟サークルの研究から──」  丸山義昭

7 「文章における『論理』と『批判』を授業でどう教えるか──『論理』と『批判』を教える具体例──」  薄井道正

8 「『読み研方式』と教材研究 『あらしの夜に』(木村裕一)」  臺野芳孝

9 「絵本教材『ちかい』と四つのテキスト」  広井志保

10「詩の初めての構造よみ──頼山陽の俗謡と『つなぎ』教材を使って──」  高橋喜代治

11「『大人になれなかった弟たちに…』の教材分析と授業化」  小林義明

12「小川国夫『物と心』──形象・主題よみの授業のポイント──」  杉山明信

13「授業中の評価──四つのポイント──」  柳田良雄


■■研究紀要II(2000.8)■■

1 「説明的文章の読解における“情報不足”の問題」  小田迪夫

2 「言語技術教育としての詩の鑑賞指導──新教材『山』(藤原定)の教材分析と授業案──」  鶴田清司

3 授業の活性化へ向けての教材研究」  柳田良雄

4 「『やまなし』(宮沢賢治)を読む──構造よみを中心として──」  加藤郁夫

5 「『少年の日の思い出』構造とテーマについての考察」  平野孝子

6 「授業の焦点化(文学作品)──『少年の日の思い出』を6時間で授業化する──」  小林義明

7 「中三の授業不成立に取り組んだ一年間」  小倉泰子

8 「授業・自由律俳句二句──二作品を読み重ねる──」  広井 護

9 「『広告の形而上学』(岩井克人)の読み方指導」 丸山義昭

10「阿部昇氏の『柱』の概念を検討する」  五十嵐 淳

11「説明的文章の論理関係をめぐる論争点」  長畑龍介

12「説明的文章『魚の感覚』をどのように授業化するか──『「説明的文章教材」の徹底批判』・実践篇──」  阿部 昇


■■研究紀要I(1999.8)■■

1 「〈夕暮れ〉の視点で読む──漱石『彼岸過迄』について──」  平岡敏夫

2 「国語科でどんな学力をつけるか」  柴田義松

3 「教材研究『一つの花』」  加藤郁夫

4 「『永訣の朝』の読み方指導」  丸山義昭

5 「『Ora Orade Shitori egumo』の謎」  杉山明信

6 「説明的文章の論理の読みとりと吟味」  長畑龍介

7 「憲法『前文』の読み方」  海崎義隆

8 「論説文を読むための技法──第一部『構造よみ』試論」  薄井道正

9 「『読み研方式』の低学年の『読み』の授業」  臺野芳孝

10「大西忠治 読み方教育の思想」  建石哲男

11「学習集団の指導をめぐって」  小倉泰子

12「対話から討論へ──教科的真実を追究するための方法論──」  小林義明

13「二つの『指導言』をめぐる一考察」  阿部 昇

「研究紀要」全目次一覧

 発行 科学的「読み」の授業研究会
 頒価 1,000円

※「研究紀要」購入希望の方は「お問い合わせ」宛にメールでお申し込み下さい(郵便番号・住所・氏名・電話番号・勤務校を明記のこと)。送料込み1,000円でお送りいたします。

■■研究紀要14(2012.8)■■

1 学びの指導学 序説 ―国語授業を例に  折出 健二

2 国語科における平和教育―戦争体験継承の問題に則して  竹内 久顕

>>こちら