小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

出版・通信

  • HOME > 
  • 出版・通信 > 
  • 研究紀要
研究紀要

「おにたのぼうし」(教育出版・小三)の「事件設定」と主題を読む

研究紀要V(2003.8)

佐藤建男(東京都足立区立中島根小学校)

一、メタプロットと「事件設定」

 文学作品を「読む」ということは、どういうことか。「読み」という行為はどういう意味を持つのか。作品の何をどう読めばいいのか。そういう疑問が最近わいてきている。そして、その答えとして、きわめて曖昧ではあるが、その作品を作品たらしめているもの、つまり、構成の仕方、表現の仕方、あるいはその作品に仕掛けられている仕掛けなど、そういったものを「読む」ことではないかと思ったりした。
 そう思っているとき、田中実氏の次のような文章が目にとまった。
 「お話(ストーリー)とは起こった出来事が時間の順序にそって並べられているものを指すが、プロットは、そのお話の出来事を、読み手に向けて、いかに効果的に語るか、叙述するかに応じて、出来事を構成し直したものである。…メタプロットとは、再読から始まり、この構成されたプロットを何故そう構成されているか、その所以を探って、プロットをさらに支える内的必然性のレベルを指し、これは読み手の内奥に深く関わっている。」(『文学の力×教材の力 小学校編 三年』の中の「メタプロットを探る『読み方・読まれ方』」からの引用)
 なるほど、私の先の問題意識は、メタプロットを読むことに関わっていたのかと、何かが解明できた気がした。
 文学作品を読むということは、その作品のメタプロットを読むことである、とすると、冒頭に述べた疑問がかなりの程度解けた感じがする。
 そうであるとすると、また次の問題が出てくる。
 読み研の「構造よみ、形象よみ、主題よみ」という読みの方法の中に、メタプロットを読み取る方法論は含まれているのか、という疑問である。
 結論的に言うと、メタプロットを読み取る鍵になる方法はないような気もするが、あるとすれば「事件設定」ではないか。また、「形象よみ」「主題よみ」という概念の範囲は広いので、それらの読みを分析していけばメタプロットを読み取る方法論につながる何かを見いだせるかも知れない、と思ったのである。
 しかし、さらに疑問がわいてきて、もしかすると、読み研の「構造よみ、形象よみ、主題よみ」という読みの方法は、もともと、その方法全体がメタプロットに行きつくための読みの方法なのかもしれない、とも思えてきたりするのである。だとすれば、その視点から、読み研の「構造よみ、形象よみ、主題よみ」という読みの方法を、私は見直してみなければならない。
 次々に疑問がわいてきて、混迷が深まるばかりだが、ここで、迷っていても結論は出ないので、メタプロットを読むには、とりあえず、「事件設定」の読みが一つのとっかかりになるのではないかという仮説のもとに論を進めていきたい。
 以下、「おにたのぼうし」をテキストにしながら、1「事件設定」の読みを手がかりにメタプロットへの道を探ってみる、2それと関わりながら主題を読む、という二つの内容を述べてみたい。

二、「おにたのぼうし」の「事件設定」を読む

「せつぶんのよるのことです。」

 文学作品における冒頭の一文は、作品全体の雰囲気や性格、構造を決定し、さらには作品の主題や展開の方向性をも示唆、暗示するといった役割をもっている。冒頭の一文が作品の主題を象徴している場合もある。だから、冒頭の一文については、「冒頭よみ」として、特に丁寧に読む必要があるのだろう。
 「せつぶんのよるのことです。」というこの一文は、「おにたのぼうし」という物語の基本的な枠組みを設定している。つまり、このお話は、節分という一年のうちでも特殊な一日の夜の間に起った出来事を物語っているという設定になっているのだ。冬から春への季節の変わり目の日である。「せつぶんのよる」という設定が作品全体の出来事すべてに深く関わっていっている。
 また、この一文は、読者を物語に一気に引き込む効果も持っている。架空の生き物の鬼を追い出すという節分の行為自体が大きな物語性を持っていて、読む者を現実からファンタジックな世界に誘い込んでいく。「夜」も物語性を高めている。

「そのものおきごやのてんじょうに、きょねんのはるから、小さなくろいおにのこどもがすんでいました。」

 「去年の春から」と書かれている。なぜ、「去年の春から」なのか、この点が重要である。いつからでもいいのではない。これは「去年の春から」でなくてはならないのだ。おにたは、去年の節分にも、住みついていた別な家から追い出された。そして、「去年の春から」まこと君の家に住みつくようになったのである。
 つまり、おにたは毎年節分の日に、住みついた「人間」の家から追い出されているのである。後述の3の人間に対する疑問・批判は、この経験の中で生まれてきたものなのだろう。
 しかし、おにたは、追い出されても追い出されても、なお人間の家に執着していることが読める。おにたには家族はいない。かわいがり庇護してくれる父も母も、そして兄弟もいないのだ。ひとりぼっちで寂しいのである。だから、心のつながりを求めて、鬼からすれば異界に住む人間に近づいていくのである。
 ここがこの物語の原点である。これはもっとも重要な事件設定、主題への伏線となる。
 ここでは「ごんぎつね」を思い出す。ひとりぼっちのごんの寂しさ・悲しさが、孤独な兵十に心を寄せていく場面と似通ってはいないか。しかし、結末はかなり違ったところに行き着くのではあるが。

 まめまきのおとをききながら、おにたはおもいました。(にんげんっておかしいな。おにはわるいって、きめているんだから。おににもいろいろあるのにな。にんげんも、いろいろいるみたいに。)

 人間の鬼に対する偏見や差別に対して、おにたは(にんげんっておかしいな。)と言っている。この一言は、「外見」や「風評」に振り回される人間の「性」へのおにたの強烈な疑問と批判なのであろう。読み手はこの言葉に共感する。おにたは、「人間だっていい人や悪い人がいるように、鬼だっていろいろあって、みんな悪い鬼ばかりじゃないんだ。」と思っている。どうしてそれを分かってくれないんだという強い気持ちがある。それにもかかわらず、人間に「いい鬼 もいる」ことを理解してほしいと、健気にも思っている。 だから、追い出されても追い出されても人間の家に住みついているのだ。そして「ビー玉をこっそり拾ってきて」や ったり、「にわか雨の時、ほしいものを、茶の間に投げ込んで」おいたりするのだ。この思いは、最後に「伝わる」のか。これも重要な伏線となっている。
 もう一つ、ここで見落としてはならない重要な点は、おにたの言葉が「 」でなく( )になっていることだ。導入部のこの時点では、おにたが実際に口に出した言葉ではなく、おにたの内言である。だから( )になっている。それが、末尾では「 」になる。おにたは、その言葉を実際に口に出して言うのである。この対比は重要だろう。
 なお、教科書では、この( )内の言葉の中の(にんげ んも、いろいろいるみたいに。)の部分が削除されている。これはどう考えればいいのだろうか。大きな問題だとは思うが、ここでは触れないことにする。

 そして、ふるいむぎわらぼうしをかぶりました。つのかくしのぼうしです。

 おにたはなぜ角隠しの帽子をかぶるのか。それは、おにたには「角」があるからである。「おに」は角を持っている。「おに」であるということだけで、「人間」から忌み嫌われてしまう存在なのである。だから、鬼の象徴である角をぼうしで隠している。
 つまり、おにたにとってこのむぎわらぼうしが、人間とつながりを持つための大事な道具であり、人間社会につながりを求める希望のかけはしとなっているのだ。また、その麦わら帽子は、人間の家に住み着いて、人間とのかかわりを求めているおにたの「生き甲斐」の象徴とも言えよう。
 しかし、おにたは麦わら帽子をかぶることによって、「おにだっていろいろある、悪い鬼ばかりではない」と主張し、それを証明しようと思っている自分自身を否定するという自己矛盾に陥っている。鬼は悪くない、と思いつつも、鬼のままで人間と出会うことのできないおにたなのだ。ここにおにたの、さらには、この物語の悲劇性が隠されている。
 「むぎわらぼうし」は、人間との関わりを持とうとするおにたの想いの現われであると同時に、鬼であるおにたと人間世界とを隔絶する壁になっているのだ。ぼうしをかぶって人間に近づきたいおにた。しかし、「むぎわらぼうし」をかぶっている限りは、鬼と人間との接点は生まれはずもない。鬼と人間を遮断する役割のむぎわらぼうしこそは、この物語の悲劇性を解き明かす鍵である。だから、題名も「おにたのぼうし」となっている。
 さて、次に、「ふるい」を読んでみよう。「ふるいむぎわらぼうし」だから、今までに使い古されてきたものだろう。おにたは今までにも、「角隠し」に使ってきたことを示している。人間との関わりを求めつつも、角隠しをかぶり人間を避けてきたのである。しかも、冬なのに季節はずれの麦わら帽子。哀れさが強調されている。
 このように、文学作品の導入部には、のちのち主題に絡んでいく伏線が「事件設定」として埋め込まれているのである。したがって、それを読むことは、主題に迫り、さらにメタプロットを探る「読み」となりうるのではないだろうか。

三、「おにたのぼうし」の「主題」を読む

 では、次に「おにたのぼうし」の山場の部・クライマックスの部分と結末の部分の読みを述べたい。

(1)山場の部・クライマックス

 おんなのこがはしをもったまま、ふっとなにかかんがえこんでいます。

 ここが山場の始まりとなる。
 この文の前の文は、「おんなのこのかおが、ぱっとあかるくなりました。そして、にこっとわらいました。」となっている。おにたにとってどんなにうれしい瞬間だっただろうか。今までの人生の中で、これほどの満足は味わったことがない。まさに幸せの絶頂である。しかし、山場の始まりを契機にどんでん返しが起こり、結末の悲劇性がいっそう浮き彫りになっていく。

「おにだって、いろいろあるのに。おにだって……」
 こおりがとけたように、きゅうにおにたがいなくなりました。あとには、あのむぎわらぼうしだけが、ぽつんとのこっています。

 導入部に(にんげんっておかしいな。おにはわるいって、きめているんだから。おににもいろいろあるのにな。にんげんも、いろいろいるみたいに。)というおにたの内言が書かれている。内言であるから「 」でなく( )になっていた。
 ここでは「 」になっている。おにたが実際に口にした言葉なのだ。「おにだって、いろいろ あるのに。おにだって……」と二度繰り返して言っている。ここには、なぜだ!どうしてだ!?という叫びたいような気持ち、納得できない気持ちが表されている。
 何という不条理な世の中なのだ!その理不尽さに対しての怒りと抗議の気持ち、悔しさと悲しみが表現されている。そして、「……」が絶望へとつきすすむ。「……」は、読者の頭の中に、言葉になりきれない様々な思いを渦巻かせて、「残像・こだま」のようにいつまでも残りそうである。
 この言葉は、実際におにたが口にした言葉であるのに、おんなのこには聞こえていない。聞こえないようなつぶやきだったのだろう。
 導入部のところの台詞と内容は同じだが、その言葉を発するおにたの「心」の状態は全く違っている。前者を言ったときには、人間に対して不信は持ちつつもいつか理解してもらえるという希望があった。しかし、ここでは希望のかけらもなく、全くの絶望が支配している。
 おにたが初めて信じた女の子に裏切られたこの時(もちろん、女の子にはそんな気持ちはないのだが)、「おにだって、いろいろあるのに。おにだって……。」というせりふを呟き、消え去って行く。

 こおりがとけたように、きゅうにおにたがいなくなりました。あとには、あのむぎわらぼうしだけが、ぽつんとのこっています。

 残された「むぎわらぼうし」はどういう意味を持つのか。これだけがおにたが実際にここにいたという証である。女の子の心の中に一つだけ残したものである。
 人間と交わりたい、そのためには、角を隠す必要があった。しかし、その希望がなくなった今は、麦わら帽子もいらないものとなったのである。「角を隠す」というおにたの行為は、「おににもいろいろある」ということを伝えたいおにたの気持ちの表れである。なぜなら、「人間」は、「角がある」という外見を見た瞬間、間違いなくおにたを遠ざけようとするはずだからだ。
 「麦わらぼうし」は、おにたの「希望」、「心を通じ合わせたいという思い」そのものであったのだ。つまり、「生き甲斐」の象徴だった。その麦わら帽子を置いていったのだから、人間界におけるすべての望みが絶たれたことを意味している。麦わら帽子は二度と必要にならない。もう、人間の世界には現れない。残された「麦わらぼうし」は人間界との完璧な断絶の象徴である。

「まあ、くろいまめ!まだあったかい……」

 絶望の中でおにたは最後の決断をする。ここがクライマックスである。あれほどおにたが嫌っていた自分を否定する豆になってしまうのである。
 おにたは「女の子」に「豆」をあげたいのか。「豆」を投げてもらいたいのか。もちろん、違う。そういう態度をとらざるを得ないところに、おにたの悲痛なまでの辛さ・絶望がある。温かいのはおにたの体温である。その生々しさによって残酷性さがさらに高まっている。
 とても、美しい自己犠牲の物語とは読めない。おにたは「どうして?」という不条理な思いを抱いて消えていったのである。

さっきのこは、きっとかみさまだわ。

 「かみさま」…ごんぎつねを思い出す。ごんは「こりゃ、つまらないな」と言うが、ここでは、その程度のものではない。女の子が無邪気にそういえば言うほど、悲劇は深まっていく。おにたと女の子の接点が全くないという、このどうしようもない悲劇性・残酷性がこの物語の文学としての結晶度を高めている。

(2)結末の部分

 ぱら ぱら ぱら ぱら
 ぱら ぱら ぱら ぱら
 とてもしずかなまめまきでした。

 「ぱら ぱら ぱら ぱら」は、物語の最初と、最後に出て来る「豆まき」の音である。この繰り返しの言葉によって、物語が始まり、そして終わっている。こうして考えると「豆まき」も重要なキーワードなのかもしれない。
 冒頭でのまことくんのまめまきはこうなっている。

 まことくんが、げんきにまめまきをはじめました。
 ぱら ぱら ぱら ぱら
 まことくんはいりたてのまめを、ちからいっぱいなげました。

 元気で力の入ったまめまきである。
 しかし、ここでは、二回繰り返され、リフレーンになっている。しかも、「とてもしずかなまめまき」である。何とも言えない悲しさがただよってくる。
 映画で言えば、女の子の姿もなくなり、女の子の家も遠景になり、静かに粉雪がふりしきる景色の中で終わっていくことであろう。このしずかな「ぱら ぱら ぱら ぱら」というまめまきの音が、リフレーンによって悲劇性を和らげ、音のしない「無」の世界へと誘っているのかも知れない。
 物語は同じように始まり、同じように終わっていっているが、物語は、最初と終わりでは、はっきり何かが変わってしまったのだ。そこへ雪が降り積もっていく。

 以上、この作品の「悲劇性の深さ」がメタプロットにかかわるものとしてとらえ、その悲劇性の深さが、どのような表現や設定によって構成され作り出されているのかを明らかにしようとしてきた。

「おにたのぼうし」(教育出版・小三)の「事件設定」と主題を読む

一、メタプロットと「事件設定」

 文学作品を「読む」ということは、どういうことか。「読み」という行為はどういう意味を持つのか。作品の何をどう読めばいいのか。そういう疑問が最近わいてきている。そして、その答えとして、きわめて曖昧ではあるが、その作品を作品たらしめているもの、つまり、構成の仕方、表現の仕方、あるいはその作品に仕掛けられている仕掛けなど、そういったものを「読む」ことではないかと思ったりした。
 そう思っているとき、田中実氏の次のような文章が目にとまった。
 「お話

>>こちら