小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

各種研究会

  • HOME > 
  • 各種研究会 > 
  • 夏の大会
夏の大会

第26回夏の大会  第三次案内

今、日本で最も刺激的で活気に満ちた研究会「読み研」の夏の大会にぜひおいでください。

記念講演講師 工藤直子氏(詩人)

科学的「読み」の授業研究会  第26回夏の大会 
テーマ: 「言語活動」を生かして確かな「国語の力」を身につけさせる
    ―新学習指導要領・新教科書を使った新しい授業の提案

‡日時 2012年8月18日(土)10:30〜19日(日)13:00
‡場所 東京・吉祥寺 成蹊大学
   JR中央線・総武線(東京メトロ東西線)・京王井の頭線 吉祥寺駅下車
   吉祥寺駅北口バスのりば 1・2番より関東バスで約5分/成蹊学園前下車
   吉祥寺駅より徒歩約15分
‡参加費 7000円  学生3000円  (当日参加は各500円増)
     懇親会 2500円
   *懇親会参加希望の方は参加費に2500円プラスして申し込んでください。

‡日程
18(土)
10:30〜12:00(90分)    
オプション企画    
入門講座―新教材を使った物語・小説の授業づくり・徹底入門
―教材「わたしはおねえさん」(小2)、「あめ玉」(小5)、
    「星の花が降るころに」(中1)を使って
                阿部 昇(秋田大学)

12:10〜12:50 受付   
12:50〜13:00 開会・研究会の趣旨
13:00〜14:00 (60分)
基調講演:「言語活動」を生かすことで確かな「国語の力」をつけることができる
       ―「言語活動」のメカニズムを解明し、「言語活動」を大きく生かす―                 
                阿部 昇(秋田大学)

14:20〜15:40(80分)
ワークショップ的分科会?
  ―「言語活動」を生かして確かな「国語の力」を身につけさせる:物語・小説
1:物語・小説の「登場人物」の性格、設定、相互関係に注目しながら
             「想像」を広げ、「自分の考え」をまとめる授業
   ―教材「ごんぎつね」(小4)を使って
         永橋 和行(京都・立命館小学校)

2:物語・小説の「比喩や反復」などの表現・技法に注目しながら
                      「自分の考え」をもつ授業
   ―教材「スイミー」(小2)と「アイスプラネット」(中2)を使って
        熊添 由紀子(福岡・見崎中学校)
            
3:物語・小説の「構成や展開」に注目しながら
                  「感想」をもち「批評」をしていく授業
   ―教材「わらぐつの中の神様」(小5)と「少年の日の思い出」(中1)を使って
         高橋 喜代治(成蹊大学)

4:物語・小説を読み深め「引用」をしながら
                 「紹介」「推薦」の文章を書いていく授業
   ―教材「海の命」(小6)と「星の花が降るころに」(中1)を使って
             岩崎 成寿(京都・立命館宇治中学高校)

16:00〜 17:40(講演70分+対談30分=100分)
記念講演と対談
  記念講演:「詩(うた)がうまれるとき」  講師:詩人・工藤 直子 氏
対談:工藤直子氏と読み研代表・阿部 昇

18:00〜19:00(60分)
オプション企画
 A:子どもたちの目が輝く「伝統的な言語文化」=古典の授業入門
―教材『平家物語』「扇の的」を使って
             湯原 定男(岐阜・多治見西高校)

 B:みるみる上達する『俳句』の創作・鑑賞の授業入門
    ―国語の授業で句会を再現
             熊谷 尚(秋田大学附属小学校)

 C:新聞が好きになる「編集の仕方や記事の書き方」「論説の比較」の授業入門
―新聞記事・社説の読み比べ単元を使って
         建石 哲男(神奈川・総合科学高校)

 D:PISA「読解力」・全国学力「B問題」に応える話し合い・討論の授業入門
―教材「モチモチの木」(小3)を使って
         内藤 賢司(福岡・読み研運営委員)


19:15〜20:30(75分)懇親会  

19日(日)
9:00〜10:20(80分)
ワークショップ的分科会?
  ―「言語活動」を生かして確かな「国語の力」を身につけさせる:説明的文章

1:入門講座―新教材を使った説明的文章の授業づくり・徹底入門
   ―教材「おにごっこ」(小2)、「ありの行列」(小3)、
「月の起源を探る」(中3)を使って
         加藤 郁夫(大阪・初芝立命館高校)

2:説明的文章の「事物の仕組みについて説明した文章」を読みながら
            「順序」の意味や文章の「工夫」を発見していく授業
   ―教材「どうぶつの赤ちゃん」(小1)と「すがたをかえる大豆」(小3)を使って
        加藤 辰雄(愛知県立大学)
            
3:説明的文章の「大事な言葉」「中心となる語や文」に注目しながら
                    「要約」「要旨」をとらえる授業
   ―教材「ウナギのなぞを追って」(小4)と「流氷氷とわたしたち私たちの暮らし」(中1)を使って
         鈴野 高志(茨城・茗渓学園中学高校)

4:説明的文章の「意見を述べた文章」「論説」を読み
              「自分の考え」をまとめ「評価」をしていく授業
   ―教材「生き物は円柱形」(小5)と「君は『最後の晩餐』を知っているか」(中2)を使って
           町田 雅弘(茨城・茗渓学園中学高校)

10:35〜 12:50(135分)
全体模擬授業―「言語活動」を生かして確かな「国語の力」をつける授業
        ―小学校・物語「大造じいさんとガン」(小5)の授業
 1:模擬授業 (10:35〜11:35)(60分)
 2:授業検討 (11:40〜12:50)(70分)
      授業者 臺野 芳孝(千葉・海浜打瀬小学校)
指定討論 柴田義松・ 加藤郁夫 司会 阿部昇

12:50〜13:00  閉会・研究のまとめ

懇親会で、熱く語りあいましょう!
工藤直子さんも懇親会に参加していただけます。講師の先生や全国の仲間と、国語について文学について、さらには教育や職場のことで大いに交流しましょう。
日時  8月18日(一日目) 19:15〜20:30
場所  成蹊大学
会費  2500円



講師紹介
工藤 直子
 詩人、童話作家。お茶の水女子大学卒業後、博報堂を経て、詩人・童話作家となる。絵本・児童文学研究センター顧問。現代の日本を代表する詩人の一人。小中学校の国語教科書に多くの作品が掲載されている。詩集『てつがくのライオン』(フォア文庫)で日本児童文学者協会新人賞。詩集『ともだちは海のにおい』(理論社)で産経児童出版文化賞。詩集『ともだちは緑のにおい』(理論社)で芸術選奨新人賞。詩集『のはらうた』(童話屋)で野間児童文芸賞。ほかに『こぶたはなこさんのおべんとう』(童話屋)、『まるごと好きです』(筑摩書房)、『おいで、もんしろ蝶』(筑摩書房)、『密林―きれいなひょうの話』(銀河社)、など多数。

柴田 義松
1930年、愛知県生まれ。名古屋大学教育学部卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程終了。東京大学名誉教授。日本教育方法学会常任理事。著書に、『21世紀を拓く教授学』(明治図書)、『大学生のための日本語学習法』(編著・学文社)、『批判的思考力を育てる』(日本標準)など多数。ヴィゴツキーの『思考と言語』(新読書社)など翻訳も多数ある。主な著作をまとめた『柴田義松教育著作集 』全8巻(学文社)がある。



大会参加申し込み
①郵便番号・住所・氏名・所属を明記の上、下記の口座に参加費(懇親会参加の場合は2500円プラス)を振り込んでください。懇親会参加の場合はその旨を明記してください。
  (住所・お名前は楷書でお書きください。判読できないと参加証がお送りできません)
  郵便振替  口座番号 00950-9-24065 
加入者名 科学的「読み」の授業研究会
②入金を確認後、参加証をお送りします。
③当日、参加証をお持ちください。


大会についての問い合わせ
鈴野 高志
〒305-0861 つくば市谷田部6386-33-1-10  電話・FAX 029-838-0628

読み研 HPアドレス http://www.yomiken.jp
 HPにある「問い合わせ」のメールをご利用ください

第26回夏の大会  第三次案内

科学的「読み」の授業研究会  第26回夏の大会 
テーマ: 「言語活動」を生かして確かな「国語の力」を身につけさせる
    ―新学習指導要領・新教科書を使った新しい授業の提案

‡日時 2012年8月18日(土)10:30〜19日(日)13:00
‡場所 東京・吉祥寺 成蹊大学
   JR中央線・総武線(東京メトロ東西線)・京王井の頭線 吉祥寺駅下車
   吉祥寺駅北口バスのりば 1・2番より関東バスで

>>こちら