小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

各種研究会

  • HOME > 
  • 各種研究会 > 
  • 夏の大会
夏の大会

「読み」の授業研究会 第33回夏の大会【開催要項】

※受付は準備中です。もうしばらくお待ち下さい。

テーマ:国語の授業で「言葉による見方・考え方」をどう鍛えるのか
    ―「主体的・対話的で深い学び」の実現をめざして―

◆日時:2019年8月24日(土)10:30〜8月25日(日)13:10
◆場所:京都市・立命館大学朱雀キャンパス(JR・地下鉄東西線二条駅を降りてすぐ)
◆参加費:7,000円(学生3,000円)※当日参加は500円増
◆主催:「読み」の授業研究会/後援:立命館大学大学院教職研究科
◆日程

8月24日(土)

・10:00〜10:30 受付
・10:30〜10:35 開会あいさつ
・10:35〜12:05 入門講座「言葉による見方・考え方」を鍛える物語の授業づくり
  ―教材:「わたしはおねえさん」と「星の花が降るころに」を使って

・13:00〜14:40 ワークショップ的分科会 ―「言葉による見方・考え方」を鍛える国語の授業
1:「言葉による見方・考え方」を鍛える小学校の物語の授業
  ―教材「大造じいさんとガン」と「海の命」を使って
2:「言葉による見方・考え方」を鍛える中学校・高校の物語・小説の授業
  ―教材「走れメロス」と「羅生門」を使って
3:「言葉による見方・考え方」を鍛える小学校の説明文・論説文の授業
  ―教材「あなのやくわり」と「『鳥獣戯画』を読む」を使って
4:「言葉による見方・考え方」を鍛える中学校・高校の説明文・論説文の授業
  ―教材「ダイコンは大きな根?」と「鰹節―世界に誇る伝統食」を使って

・15:00〜16:40 記念講演と対談
  国語の授業で「言葉による見方・考え方」を解明・育成するための5つのポイント
  ―高度な教科内容研究が新しい道をひらいていく
  講師:阿部昇

・17:00〜18:20 「言葉による見方・考え方」を育てるための物語・小説の教材研究
A:「言葉による見方・考え方」を鍛えるための小学校下学年・物語
  ―「ちいちゃんのかげおくり」(あまんきみこ)の教材研究
B:「言葉による見方・考え方」を鍛えるための小学校上学年・物語
  ―「注文の多い料理店」(宮沢賢治)の教材研究
C:「言葉による見方・考え方」を鍛えるための中学校・小説
  ―「少年の日の思い出」(H・ヘッセ)の教材研究
D:「言葉による見方・考え方」を鍛えるための高校・小説
  ―「檸檬」(梶井基次郎)の教材研究

・18:40〜20:00 懇親会

25日(日)

・9:00〜9:45 課題別入門講座Ⅰ
  ―「主体的・対話的で深い学び」を実現するための授業づくりのコツ:授業づくり編
1:「主体的な学び」の前提となる授業規律・授業のルールづくりのコツ
  ―教材「スイミー」を使いながら
2:「対話的な学び」のためのグループ編成と学習リーダー指導のコツ
  ―教材「生き物は円柱形」を使いながら
3:「対話的な学び」をつくりだすグループを生かした話し合い・討論指導のコツ
  ―教材「すがたをかえる大豆」を使いながら
4:「対話的な学び」が生まれる発問と助言のコツ
  ―教材「ごんぎつね」を使いながら

・9:55〜10:40 課題別入門講座Ⅱ
  ―「主体的・対話的で深い学び」を実現するための授業づくりのコツ:国語授業編
1:「深い学び」につながる音読・朗読・暗唱指導のコツ
  ―教材「大造じいさんとガン」を使いながら
2:「深い学び」につながる語彙指導のコツ ―まどみちおと谷川俊太郎の詩を使いながら
3:「深い学び」につながる文法指導のコツ ―教材「形」「トロッコ」を使いながら
4:「深い学び」につながる古典指導のコツ ―教材『枕草子』「春はあけぼの」を使いながら

・11:00〜13:05 全体模擬授業
  ―「モチモチの木」(斎藤隆介)の授業で「言葉による見方・考え方」を鍛える
1:模擬授業(11:00〜11:55)
2:授業検討(11:55〜13:05)

・13:05〜13:10 研究のまとめ

「読み」の授業研究会 第33回夏の大会【開催要項】

テーマ:国語の授業で「言葉による見方・考え方」をどう鍛えるのか
    ―「主体的・対話的で深い学び」の実現をめざして―

◆日時:2019年8月24日(土)10:30〜8月25日(日)13:10
◆場所:京都市・立命館大学朱雀キャンパス(JR・地下鉄東西線二条駅を降りてすぐ)
◆参加費:7,000円(学生3,000円)※当日参加は500円増
◆主催:「読み」の授業研究会/後援:立命館大学大学院教職研究科
◆日程

>>こちら