小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

各種研究会

  • HOME > 
  • 各種研究会 > 
  • その他
その他

国語授業の改革 17号 書評(日本教育新聞)

庭野三省氏による書評・時間を明示した授業実践例を高く評価

高橋 喜代治

11月13日(月)の日本教育新聞の書評欄に『国語の授業で「主体的・対話的で深い学び」をどう実現するか(国語の授業改革17』(読み研・学文社)が掲載されています。評者の庭野三省氏は元国語の教師で、国語教育の著書も多数ある。大学教員を経て現在は教育長。
安易な「対話」指導が、形骸化に陥ることを心配され、読み研では当然の、時間を明示した話し合いの指導を高く評価していただいています。

ダウンロード 日本教育新聞書評.pdf ( 753 KB )

国語授業の改革 17号 書評(日本教育新聞)

11月13日(月)の日本教育新聞の書評欄に『国語の授業で「主体的・対話的で深い学び」をどう実現するか(国語の授業改革17』(読み研・学文社)が掲載されています。評者の庭野三省氏は元国語の教師で、国語教育の著書も多数ある。大学教員を経て現在は教育長。
安易な「対話」指導が、形骸化に陥ることを心配され、読み研では当然の、時間を明示した話し合いの指導を高く評価していただいています。

>>こちら