小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

出版・通信

  • HOME > 
  • 出版・通信 > 
  • 読み研通信
読み研通信

「読み研通信」114号の紹介

114号表紙

「読み研通信」は、読み研が発行している会報です。
 教育情勢や、教材分析、授業実践、エッセイなど、国語科教育に関わる最新情報が満載です。

 最新の114号は、充実の26ページ立てです!
 
 「読み研通信」は年3回発行、1,000円にてお申し込みになれます。
夏の大会で直接お申し込みいただくか、下記までメールでお問い合わせいただいたうえでお申し込みください。
         suzuno@meikei.ac.jp
 
なお、号によってはバックナンバーもありますので、同じくメールでご遠慮なくお尋ね下さい。

■■■■■114号(2014.7)■■■■■充実の最新刊!!

*巻頭論文 今こそ「言語教育としての国語」を強く意識し「国語の力」の具体を解明すべき時/阿部 昇

*〈小学校〉構成指導を核とした説明的文章指導の提案2/志田 裕子

*〈小学校〉「いろいろなふね」で入門期の指導を考える/加藤 郁夫

*〈中学校〉「蜘蛛の糸」の主人公はだれ?/平野 博通

*〈小学校〉「ウナギのなぞを追って」吟味よみ/早川 寛司

*特集 2014年 夏の大会(各講座・ワークショップの担当者による内容の予告! 当日のガイドブックとしても使えます!)

「読み研通信」114号の紹介

「読み研通信」は、読み研が発行している会報です。
 教育情勢や、教材分析、授業実践、エッセイなど、国語科教育に関わる最新情報が満載です。

 最新の114号は、充実の26ページ立てです!
 
 「読み研通信」は年3回発行、1,000円にてお申し込みになれます。
夏の大会で直接お申し込みいただくか、下記までメールでお問い合わせいただいたうえでお申し込みください。
         suzuno@meikei.ac.jp<

>>こちら

114号表紙