小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

出版・通信

  • HOME > 
  • 出版・通信 > 
  • 読み研通信
読み研通信

『読み研通信』120号が出ました!

『読み研通信』120号が出ました!

【主な内容】

 *巻頭論文 国語の授業で「アクティブ・ラーニング」をどうとらえ、どう生かしたらいいのか(阿部 昇)
 *小学校 「お手紙」教材分析(菅野 宣衛)
 *高校(現代文) 揺るぎない読みから揺らぐ読みへ(岸 あゆり)
 *物語・小説を「論理的によむ」、ということについて(竹田 博雄)
 *高校(古文)古典教材研究「方丈記」を読む(湯原 定雄)
 *書評 今井むつみ著『学びとは何か――〈探究人〉になるために』(加藤 郁夫)
                                                ほか

 『読み研通信』は「『読み』の授業研究会」が発行している会報です。教材分析、授業の実践報告など、国語科教育に関わる最新の情報が満載です。

 前号(119号)からpdf版へ完全移行いたしました。

 
 通信のご購読その他に関するお問い合わせは、下記までメールにてお願い致します。

          suzuno@meikei.ac.jp

『読み研通信』120号が出ました!

『読み研通信』120号が出ました!

【主な内容】

 *巻頭論文 国語の授業で「アクティブ・ラーニング」をどうとらえ、どう生かしたらいいのか(阿部 昇)
 *小学校 「お手紙」教材分析(菅野 宣衛)
 *高校(現代文) 揺るぎない読みから揺らぐ読みへ(岸 あゆり)
 *物語・小説を「論理的によむ」、ということについて(竹田 博雄)
 *高校(古文)古典教材研究「方丈記」を読む(湯原 定雄)
 *書評 今井む

>>こちら