小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

出版・通信

  • HOME > 
  • 出版・通信 > 
  • 読み研通信
読み研通信

『読み研通信』125号が出ました!

お待たせしました!『読み研通信』125号が出ました。

【主な内容】

*説明的文章の指導過程――その順序がもたらす効果について(鈴野 高志)

*連載・第2回 国語の授業をつくる(柳田 良雄)

*小学校・実践 説明のしかたの工夫を見つける 教材「天気を予想する」(早川 みち子)

*新リレー連載 私の板書(大場 珠枝)

*書評『ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力』(加藤 郁夫)


 『読み研通信』は「『読み』の授業研究会」が発行している会報です。教材分析、授業の実践報告など、国語科教育に関わる情報を掲載しています。現在はpdf版で、メールによる年4回ほどの配信を行っています。購読料は2,000円で、一度お申込みいただければ、特に期限を設けずにお送りいたします。購読のご希望、お問い合わせは、suzuno@meikei.ac.jpまで。

『読み研通信』125号が出ました!

お待たせしました!『読み研通信』125号が出ました。

【主な内容】

*説明的文章の指導過程――その順序がもたらす効果について(鈴野 高志)

*連載・第2回 国語の授業をつくる(柳田 良雄)

*小学校・実践 説明のしかたの工夫を見つける 教材「天気を予想する」(早川 みち子)

*新リレー連載 私の板書(大場 珠枝)

*書評『ネガティブ・ケイパビリティ 答えの

>>こちら