小・中・高における国語授業の改革 文学作品・説明的文章を読む方法 -構成・構造、形象・論理、吟味・批評- の追究 「読み」の授業研究会

出版・通信

  • HOME > 
  • 出版・通信 > 
  • 読み研通信
読み研通信

『読み研通信』140号が出ました!(無料配信)

お待たせしました!『読み研通信』140号が出ました。
配信のお申込みについては、このページの最下部をご覧ください。

【主な内容】

*〈特集〉夏の大会アンコール企画

 ・「対話的な学び」を最大限に生かした説明文・論説文の「論理よみ」の授業  
  ――教材「君は『最後の晩餐』を知っているか」(光村・中2)を使って(町田 雅弘)

 ・「対話的な学び」を最大限に生かした説明文・論説文の「吟味よみ」の授業
  ――論説文「言葉の意味がわかること」(光村・小6)を使って(渡邊 絵里)

 ・「対話的な学び」を最大限に生かした物語・小説「吟味よみ」の授業
 ――「帰り道」(光村・小6)・「アイスプラネット}(光村・中2)を使って(熊添 由紀子)
 
 ・参加者の皆さんの声より

*【新連載】(第1回)「深い学び」を引き出す発問術(加藤 辰雄)

*〔ご案内〕第36回 Zoomによる冬の研究会

 『読み研通信』は「『読み』の授業研究会」が発行している会報です。教材分析、授業の実践報告など、国語科教育に関わる情報を掲載しています。現在はpdf版で、メールによる年4回ほどの無料配信を行っています。配信のご希望、お問い合わせは、suzuno@meikei.ac.jpまで。

『読み研通信』140号が出ました!(無料配信)

お待たせしました!『読み研通信』140号が出ました。
配信のお申込みについては、このページの最下部をご覧ください。

【主な内容】

*〈特集〉夏の大会アンコール企画

 ・「対話的な学び」を最大限に生かした説明文・論説文の「論理よみ」の授業  
  ――教材「君は『最後の晩餐』を知っているか」(光村・中2)を使って(町田 雅弘)

 ・「対話的な学び」を最大限に生かした説明文・論説文の「吟味よ

>>こちら