教材研究 詩の授業『山頂』

読み研通信78号(2005.1)

岡本康子(東大阪市立八戸の里小学校)

1 はじめに

 この教材は、読み研の友人が持ってきたものを、数人の仲間と教材分析をしたものです。それをもとに自分なりの授業をしています。ここ数年、若い教師と学年をもつことが続いています。そこで、山登りの遠足前になると、いつも、この教材を一緒にやろうと誘うことにしています。
・経験が少なくても取り組みやすい
・子どもたちに、技法を教えやすい
・子どもたちから意見が出やすい
と、考えるからです。

2 授業展開


I 遠足の話・目読・範読をする
II 時・場・人物を読む
III 難語句について調べる
IV 技法読みをする
V 表現読みをする


 一般的な読み研の詩の授業と少し違い、この教材では、構造読みや主題読みをしていません。五年生の一学期に起承転結を理解できるだろうかということと、読みを自分のものにして、表現(音読)を楽しませたいからです。

3 教材

    山頂        原田直友

1 すんだ青空よ 高い山の頂上よ
2 その頂上に立って ぼくらは口々にさけぶ

3 おうい やっほう やっほう

4 どうしてだろう なぜだろう 大声でどなりたくなるのは……

5 ぼくの家はあのあたり
6 学校が見える 役場が見える お宮の森が見える
7 ひとすじ川が細く光って流れている
8 その土手をけむりをはきながら汽車がのろのろ走っていく

9 おうい 

10 ぼくらは手をふる ハンカチをふる
11 向こうから見えないと知っていながら
12 ああ なぜ
13 こんなに手がふりたくなるのだろう よんでみたいのだろう

14 おうい
15 やっほう やっほう やっほう
                          (七連 十五行)

4 教材分析

難語句について
 山頂・役場・ひとすじ川(川の名前と思っている)・土手
 都会の学校なので、役場、土手がわからない。
時がわかる言葉をさがす
 汽車……少し前の時代・戦争より前
 青空よ・光って……晴れている日
場がわかる言葉をさがす
 高い山の頂上……(T、どれくらいのさだろう。C,富士山。)とてつもない高い山の名前を出していたが、そのうち、そんなに高くないことに気づいた。頂上から、役場、学校 汽が見えるぐらいの山だと。
(T、みんなの知っている山ならどこぐらい。C、生駒山かな(632m)      
 役場・お宮の森・土手……小さい町か村
人物のわかる言葉をさがす
 ぼく・ぼくら……数人・山の近くに住んでいる   
技法を読む(普通の文と違う表現や書き方をさがす、または、作者の工夫しているところとも説明している)

        ⑤     ⑥⑤
 1 すんだ青空よ 高い山の頂上よ
   ⑯     ⑦
 3 おうい やっほう やっほう
     ⑧                        ⑬
 4 どうしてだろう なぜだろう 大声でどなりたくなるのは ……
          ⑨
 5 ぼくの家はあのあたり
       ⑩      ⑩       ⑩    
 6 学校が見える 役場が見える お宮の森が見える
            ⑪       ⑫
 8 その土手をけむりをはきながら汽車がのろのろ走っていく
   ⑯
 9 おうい
 ⑭       ⑩       ⑩
 10 ぼくらは手をふる ハンカチをふる
 ⑭
 11 向こうから見えないと知っていながら
   ⑮
 12 ああ なぜ
                ⑩          ⑩
 13 こんなに手がふりたくなるのだろう よんでみたいのだろう
   ⑯
 14 おうい
   ⑰    ⑰    ⑰
 15 やっほう やっほう やっほう

① 句点がない
② 読点がない
③ 一ます空け
④ 「 」がない
⑤ よびかけ
⑥ 山頂にすると、山の山頂になるので山がダブル
⑦ リフレーン
⑧ 倒置 
⑨ だ がない、体言止
⑩ 脚韻
⑪ 擬人法
⑫ 擬態語
⑬ 考えている
⑭ 倒置
⑮ 感歎
⑯ リフレーン
⑰ リフレーン

*5行目と6行目は、一ます空きで書いているのに、7行目と8行目は一ます空きがなく書かれている。ここで、視覚・聴覚からの違い、効果を考えさせる。
*それぞれの技法によってどんな効果があるかを教えたり、考えさせたりする。この学習が次の表現読みにもつながる。

5 テーマ

・山の頂上から見た景色があまりにもきれい、感動的だったので、思わず叫びたくなった。
・頂上に登りついた喜び。

6 表現読み

 自分は今、山の頂上にいるということで表現読みをさせる。特に子どもたちは、おういや、やっほうをよろこんで表現していました。遠足に行ったときにもさっそく、やっほうとさけんでいました。

 詩の授業で困っている方には、ぜひ実践をお勧めします。