『詩の世界』( 光村図書・中学1 年) の教材研究

『詩の世界』( 光村図書・中学1 年) の教材研究

~ 「構造よみ」と表現技法から読み深める~

  光村図書の国語教科書では、中学に入って初めて学ぶ教材が『野原はうたう』( 工藤直子) という詩の教材(「のはらうた」収録の「あしたこそ」( たんぽぽはるか)、「おれはかまきり」( かまきりりゅうじ)、「あきのひ」( のぎくみちこ)、「いのち」( けやきだいさく))です。

 「指導書」には、「教材提出の意図」として、「国語学習の楽しさを味わう」「それぞれの詩に描かれた世界を読み取り、音読する」とあり、「気持ちが伝わるように、声に出して読む」とあります。生徒に、「小学校で習ったやり方で、この詩を読み深めてみよう」と提案してみますが、「どうやったか覚えていない」「やり方が分からない」という声が圧倒的です。そこで、「詩の読み取り方には良い方法があるよ」と言って、以下のことを伝えました。
 ・詩は『起承転結』の『構造』からできていること。
 ・「転」「結」、「題名」から詩の主題を読みとること。
 ・使われている表現技法( レトリック) がわかり、なぜその表現技法が使われ、どういう表現効果をあげて  いるのか考えること。
 ・この詩の表現の仕方で、良いと思うこと、もっとこうした方が良いと思うことをあげること。

 『のはらうた』では、あまり詳しくはできないので
 ①「連」を手がかりに「起承転結」に分けること
 ②「表現技法」の資料をもとに、表現技法を見つけること、
 ③ 作者がこの詩で言いたいことは何かを考えること を詩に即して追究してみました。

 詩の読み取り方を学び、『のはらうた』で追究を経験した生徒は、『詩の世界』(「てがみ」( 寺山司)、「太陽」( 八木重吉)、「魚と空」( 木坂涼)) で、自分たちの力で追究してみようとします。追究をしやすくするために、
 ① 表現技法を探す
 ② 「起承転結」に分けて見る
 ③ 作者が言いたいことを考える  という進め方で実践してみました。