授業びらき

授業づくり
授業びらき「『国語を学ぶ意味』をノートに」(中学校編)NEW

『読み研通信』第126号(2018.3.31発行)より渡邊絵里先生の「授業びらき」を再掲します。  初めての出会いの時には、まず、簡単に自己紹介をします。自分のことはそこそこに、「私の国語の授業は全員参加が基本です。そし […]

続きを読む
授業づくり
授業びらき「紙芝居と家庭学習のことと『あと出しジャンケン』」(中学・高校編)NEW

『読み研通信』第126号(2018.3.31発行)より岸あゆり先生「授業びらき」を再掲します。  最初の授業は子どもたちの意欲を引き出すために、大いに盛り上げたいなあと思っています。

続きを読む
授業づくり
授業びらき「名前の折句で自己紹介」(小学校編)

『読み研通信』第126号(2018.3.31発行)より大庭 珠枝先生の「授業びらき」を再掲します。  小学校高学年で初めて出会った子どもたちとの授業びらきで、楽しかった実践を紹介します。  まず自己紹介をします。その際、 […]

続きを読む
授業づくり
授業のルールをどうつくっていくのか(小学校の実践)

1 授業びらきで、1つだけルールを提示する 授業びらきで「先生の話は、集中して聞くこと」ということだけを子どもに話します。聞いていないと分からなくなるし、何度も話すと時間がもったいないとも話します。子どもとの合意をとるこ […]

続きを読む
授業づくり
国語科教科教育法の授業びらき

大阪大学での教科教育法の授業が始まりました。最初の授業での「国語科通信」を紹介します。

続きを読む
授業づくり
「学び方」を学ぶ授業……授業開きで

高橋喜代治 ―――日本語の音数はいくつか? 1 はじめに 日本語の音数はいくつだと思いますか?私は、「授業とは何か」ということを実感してもらうために国語の中1の「授業開き」で日本語の音数を探る(いくつかを数える)授業を行 […]

続きを読む
授業づくり
わたしの授業びらき

五十嵐 淳(新潟県新潟市立岩室中学校) 1、なぜ国語を学ぶのか(1)──文学作品は人生のテーマをつかむため──  最初の国語の授業では、簡単な自己紹介のあと、まず「なぜ国語を勉強するのか」という話を始めます。私は「読み研 […]

続きを読む